パーキンソン病について

★パーキンソン病とは・・・

 パーキンソン病は、脳が出す運動の指令がうまく伝わらず、スムーズに動けなくなる病気です。何か難しそうな病名ですが、これは、1817年、ジェームズ・パーキンソン医師が初めて報告したため、
それにちなんでつけられた名前です。パーキンソン病は5060歳代で発症することが多く、ゆっくりと進行します。日本人の約1000人に1人がこの病気にかかると考えられています。高齢者に多い病気ですが、若い人でも発症することがあります。

★パーキンソン病のおきるしくみ

 パーキンソン病は、脳が出す運動の指令が筋肉にうまく伝わらず、なめらかな動作ができなくなる病気です。これは、脳の黒質という部分の神経細胞が減ってしまうのが原因です。この神経細胞は「ドパミン」という神経伝達物質を作り、「ドパミン」を使って体を動かす機能を調節する働きをしています。黒質の神経細胞が減るとドパミンも減ってしまうために運動の情報が伝わらず様々な症状が出てきます。脳の神経細胞は、一般に年をとると自然に減っていきます。が、パーキンソン病では、黒質の細胞が普通の人よりもはやく減少してしまいます。ドパミン細胞が急激に減っていくのは、まだ完全にわかっていませんが、パーキンソン病の発症にはドパミン細胞の中でαシヌクレインというたんぱく質が凝集することに関係していると考えられています。原因となる特別な理由はありません。また、稀に家族性に発症し、その遺伝子が特定される場合もありますが、患者さんのほとんどは孤発性であり遺伝性を示しません。 

★パーキンソン病の症状     

 パーキンソン病の症状は様々であり、患者100人いるとしたら100通りの症状があると言われています。
運動症状は以下の4つです。いずれの症状も、症状の強さに左右で差があるのが大きな特徴です。

 手足が震える (振戦) : 安静時に手足が小刻みに震えます。動いたり、何かしようとするときには、震えが止まることが多いのが特徴です。

 筋肉がこわばる (筋固縮) :筋肉がこわばり、身体がスムーズに動かなくなります。

 動きが鈍くなる (無動、寡動) : 素早い動作ができなくなります。動きが小さくなり、歩いている時もほとんど手を振らなくなります。一度にいくつもの動作をしようとすると、さらに動きが鈍くなります。

 身体のバランスがとりにくくなる (姿勢反射障害) : 立っているとき、軽く押されるとバランスを崩したり、転んでしまう(これは進行すると出てくる症状です。)

                    
        
~パーキンソン病のそのほかの症状~ 

 
◆歩行障害  【 前かがみの姿勢で小刻みにすり足で歩く、歩き出しの一歩が踏み出せない(すくみ足)、歩いているとだんだんスピードが速まる(加速歩行)など 】

◆姿勢の異常 【 腰が曲がる、ななめに傾いてしまう、首がさがる など 】

◆無表情 【 まばたきが減る、表情がなくなる(仮面様顔貌)など 】

◆嚥下障害 【 食べ物が飲み込みにくくなる 】

◆字の変化 【 字が小さくなる、ふるえる、字を書いているうちにだんだん小さくなる 】

◆自律神経の異常 【 便秘、起立性低血圧、排尿障害 】 

◆精神・認知の異常 【 うつ状態(不眠、何をしても楽しくない)、認知症 】

◆感覚の異常 【 幻覚、妄想、痛み、しびれ、嗅覚の低下 】

◆睡眠障害 【 中途覚醒、朝起きたときの筋肉の痛みやこわばり など 】
  

★パーキンソン病の診断

  
〇受診科は神経内科になります。

問診 → 画像診断 (CTやMRIなど) → 異常なし → 臨床検査 (尿検査、血液検査) → 異常なし → 薬剤反応検査 (L-ドパ製剤を服用し、効果を確認) → はっきりとした効果がでない → MIBG(心筋シンチグラフイー)検査、ドパミントランスポーターイメージング検査など → 異常あり → パーキンソン病と診断

 ※MIBGとは、心臓の交感神経の状態を診る検査。ノルアドレナリンとよく似た物質を含む検査薬を服用した時に、この薬剤が心臓に集まる程度を画像で評価する。パーキンソン病では、この薬剤が心臓に集まらないことを利用して診断の参考にする。

 ※ドパミントランスポーター(DAT)イメージング検査とは、脳で信号のやりとりをしているドーパミンの再利用を促すたんぱく質(DAT)の働きを可視化することでパーキンソン病やレビー小体型認知症などを鑑別する。
  

★パーキンソン病の治療

 治療には薬物療法と外科療法がありますが、基本は薬物療法です。現在はよく効く薬があるので、適切な治療を行えば症状を改善させ、進行をくい止める事ができます。治療薬は担当医が患者さんの様子を病状に合わせて変更します。薬の量や種類が増えたからと言って心配することはありません。治療がうまくいく様に、困りごとなど主治医とよく相談してください薬で症状のコントロールが困難な場合や、副作用のため必要な量を飲むことができない場合には、手術を行うことがあります。主治医の先生とよく話し合いをしましょう。このほか、食事療法や生活療法などのリハビリテーションを併せて行うことも重要です。

  ※外科療法 ◇脳深部刺激療法(DBS) : 脳に電極を埋め込んで、電気刺激することにより、バランスの崩れた神経回路を取り戻し、症状を改善する。
                 
          ◇経腸療法(デュオドーパ) : L-ドーパ製剤を専用のポンプとチューブを用いて、薬の吸収部位である小腸に直接送り続ける治療法。

          ◇定位脳手術 : 脳の神経細胞を熱で破壊します。

  ※長期間薬を飲み続けた時の副作用  
   ◇幻覚  ◇むくみ ◇依存症 ◇ウェアリング・オフ現象(L-ドパの効いている時間が短くなる現象) ◇オン・オフ現象(薬の効果が突然なくなり動けなくなってしまったり、効果が突然あらわれて動けるようになる現象) ◇ジスキネジア(薬が効きすぎて手足が勝手に動いてしまう現象)


HOME